霊性の形成
「最も重要な、霊的有能性と神様をたたえる霊的生活の性質の要素は、伝道能力やバイブル・スタディーをリードするスキル、あるいはカウンセリング能力によって決まるのではなく、自分自身の神様が影響を及ぼした個人の聖さと霊的成熟さによるのです。」(マイケル・オー校長、個人の聖性の追求のクラスより)

聖霊と神の御言葉を通してなされる個人の霊性の形成と変革によって導き出される働き、すなわち神様を喜び、そして神様を賛美する生活やミニストリーは、あなたがたの人生におけるキリスト聖書神学校の目標です。

CBSのカリキュラムはすべて福音による霊的成熟の基盤の上に成り立っています。
神学と実践
CBSは恵みに満ちた、そして神様をあがめる聖書の神学を実践的に教えるよう努めます。神学は人生とミニストリーにインパクトを与える、貴重なまた喜ばしい基礎の役割を果たします。神学は魂を殺すべきではありません。むしろ神学こそが神様への礼拝へと導くべきなのです!

CBSはまた、実践的な事柄を神学的に教えるよう努めます。もし、私たちの(人生、またはミニストリーへの)訓練が聖書の教えに基づいていないならば、私たちは神様の視点を失うだけでなく、神様の力さえも失うのです。

神学生 中久木貴(アメリカ、ジョージア州アトランタ出身)
CBSは美しく、そして力強い、バランスのとれた神学と実践を追求しています。CBSは、日本人の先生から学ぶだけではなく、世界中の神学校で教えられている先生や、世界宣教に関わっている宣教師からも学ぶ事ができ、日系アメリカ人である私にとっては最高の学びの場です。CBSの「福音中心」の環境が自分の霊的成長にもつながっていること、また、授業で学んだ神学的・実践的知識をすぐに生かし、ミニストリーに適用できる環境が与えられている事も感謝です。

家族的雰囲気
私たちの学生やスタッフは神様とお互いを心から愛しています。神学校は神様の恵みが分かち合われ、たたえられるべき場所です。学生は共に祈り合い、共に賛美をささげます。また Heart & Soul カフェにてお互いに励まし合い、ノンクリスチャンの友人との関わりを大切にします。

毎月CBSではファミリーチャペルと呼ばれる礼拝を持っています。そこでは、神学生の家族も共に集まり、賛美をささげるとともに、ゲストスピーカーから説教、ミニストリーの経験や証しを聞きます。また、毎月校長昼食会を開き、学生と教授達との交わりや、お互いに学び合う機会を持っています。CBSは本当の家族のような雰囲気を持った神学校です。

神学生 (石川県金沢市出身)
CBSで学び始めたのは、神様の子としてのアイデンティティを明確にしたいという思いに導かれたことがきっかけです。自分が神様の導きを歩まさせていただく中で、その延長線上にCBSがあるということを確信しました。

「国際的な教師陣と世界規模のビジョンをもって全世界を治める神様に仕えるグローバルな神学校」
都市環境
日本における約80%の人口が都市に集中しています。この事実だけでも日本の神学校は都市におけるミニストリーに特別な注目を注ぐ必要性があると言うことができます。さらに、都市における役割として重要な働きとして、次世代における文化と教育を形成しているという事実を挙げることができます。CBSは日本で3番目の人口を有する名古屋市の中心部に位置しています。そしてCBSの学生はこの都市部に住み、仕えています。この都市環境での生活はこれからの日本における実際的、
そして効果的なミニストリーへの準備の助けとなります。
CBSは名古屋駅から徒歩7分。都市での教育とミニストリーに大きな可能性を秘めています。
ミニストリー体験
神学校は一人ひとりの学生を生涯におけるミニストリーの準備ができるよう設計されています。しかし、時には神学校の学びに偏ってしまい、実際のミニストリーから離れていると感じることがあります。一方でCBSの学生はミニストリーの機会に囲まれています。学生はキリスト聖書学園(CBI)の働きである HeartandSoulカフェでの伝道アウトリーチや英会話クラスにおけるノンクリスチャンとの交わり、また地域の教会での奉仕や開拓伝道の働きなど、豊富な働きの機会に恵まれています。このような働きは学生が神学の学びを進めながら実際のミニストリーに関わることができる大きな助けとなっています。